本文へスキップ

清水内科クリニック|内科・消化器内科・肝臓内科|名古屋市北区

電話でのご予約・お問い合わせは052-912-0002

〒462-0819 名古屋市北区平安1-8-50

消化器内科・肝臓内科の診療contact us

胃や大腸の内視鏡検査・治療や肝臓病の診断・治療を得意としており、土曜日も検査を行っています。

腹痛、便秘などおなかの症状、健診での精密検査の指示など消化器内科・肝臓内科の専門医として対応いたします。おなかの症状でお困りの方、ご心配な方は、ご来院ください。

また、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、肝臓病、膵臓病などで他の医療機関に通院中の方も専門医として診療を継続いたしますので、お気軽にご相談ください

予防、早期発見を実践するために

消化器内科医として研鑽を積んでいるときに、たくさんの胃がん、大腸がん、肝臓がんの方を診察させていただきました。日本人に多いこれらのがんについては、B型C型肝炎ウイルスの肝臓がん発生への関与、ピロリ菌の発見と胃潰瘍、胃がん発生への関与、生活習慣の欧米化、メタボリックや糖尿病人口の増加と大腸がん増加の関連などいろいろなことが明らかになってきており、これらへの取り組みが消化器内科専門医の使命と思っております。

当院が力を入れている専門治療

  • 胃内視鏡による胃がん、胃潰瘍などの早期発見。ピロリ菌検査と除菌治療による潰瘍再発や胃がん発生の予防
  • 積極的な大腸内視鏡検査の実施、ポリープ切除術により大腸がんへの進行を予防
  • B型、C型肝炎に対して積極的に抗ウイルス剤治療をおこない、肝硬変への進行阻止、肝臓がんの発生を予防

 

胃大腸内視鏡センターを併設

経鼻内視鏡、レーザー内視鏡など最新の内視鏡機器を装備し、消化器内視鏡専門医である院長とスタッフが協力して質の高い安全で苦痛の少ない内視鏡検査、内視鏡治療を行います。

当院では最新の機器類を備えるだけでなく、安心して快適に検査を受けていただけるように更衣室、前処置室、トイレ、検査室、回復室の機能を合理的にレイアウトしました。また機器類の洗浄、消毒については特に気を配り、院内感染予防につとめています。

胃や大腸の内視鏡では鎮静剤を使用してボーっとした状態や眠った状態で検査を行い、苦痛を感じにくくする工夫をしています(希望者のみ)。 検査終了後もしばらくボーっとしますので、ベッドに移動していただきゆっくり休んでいただきます。鎮静剤の効果が切れたあとで撮影した画像をご覧いただき、結果を説明いたします。

胃内視鏡検査をご希望の方はこちら

大腸内視鏡検査をご希望の方はこちら

肝炎、肝臓病の診療について

慢性肝炎と診断されている方、健診や病院で肝機能異常といわれた方、倦怠感、むくみなどで肝臓が心配な方はご相談下さい。肝臓病の専門医として、しっかりとした説明いたします。

肝臓病の専門外来を受け付けております(初診のみ予約可)。
他の医療機関の紹介状、資料をお持ちの方は、持参された検査結果などの閲覧や判定に時間を要しますので、事前に午後の予約専門外来の受診予約をお取り下さい。(食事後6時間以上経過している方であればその場で超音波検査も実施できますので、受診予約時に検査のご希望も申し出てください。)

肝疾患専門医療機関の指定について

当院は、厚生労働省健康局長通知「肝疾患診療体制の整備について」に基づく肝疾患専門医療機関に指定されています。肝疾患専門医療機関とは、「専門的な知識を持つ医師による診断と治療方針の決定が行われ、インターフェロンなど抗ウイルス療法が適切に実施できる施設」で、B型・C型肝炎患者医療給付事業における診断書の作成や抗ウイルス療法を実施できる医療機関です。(平成24年7月時点で、名古屋市内では大学病院をはじめ82医療機関が指定されてます。)

肝臓外来、B型肝炎、C型肝炎の診療についてはこちら