ビジネス海外渡航のための新型コロナウイルス感染症のPCR検査と証明書発行について

2020.7.8

日本渡航医学会を通じて日本政府より「ビジネス海外渡航のための新型コロナウイルス感染症のPCR検査と証明書発行」についての協力要請がありましたので、完全予約制で対応しております。国際便のフライトは急な欠航や臨時便が決定するケースが多いですが、フライトの予定が決まった時点でご予約ください。渡航目的以外でご希望の方は、こちらをご覧ください。

費用

PCR検査結果を含む診断書 44000円(税込み)
(学会指定の内容以外を含む診断書の場合は別途費用をいただくことがあります)

来院時間と診断書発行

当院では鼻腔スワブ(鼻の奥に綿棒を入れる)による検査のみで、唾液による検体採取には対応していません。検体採取は、診察後に建物外(敷地内、屋外)にてウォークスルー方式で行います。

来院時間 診断書の発行時間
月曜日

11301145

火曜日の930以降

午後は不可

火曜日

午前は不可

18:301845

木曜日の930以降

水曜日

11:301145

木曜日の930以降

18:301845

金曜日の930以降

木曜日

11:301145

金曜日の930以降

午後は不可

金曜日

午前は不可

18:301845

翌月曜日の930以降

土曜日

11:301145

翌月曜日の930以降

上記の時間以外の対応については、5名以上の申し込みであれば検査センターと協議致しますのでご相談ください。

予約の流れ

  • 当院の受付時間内にお電話いただき、渡航情報(渡航先、出国日)、人数と希望来院時間をお伝えいただき仮予約といたします。
  • 当院指定の受診票、学会指定の職場の依頼状とPCR検査の説明同意書の3枚を印刷し、受診票と依頼状の2枚をFAXかメール(pdfファイルか写メールで添付)で当院にお送りください。
  • 当院にて書類が確認できましたら折り返しの電話、またはメールをいたします。その時点で予約の確定といたします。(当院からのメールがブロックされないように設定をお願いします。)
  • 費用は来院日の窓口支払い(現金、クレジットカード)のみでの対応となります。
  • 渡航ワクチンの接種も同時に可能ですので、ご希望の方は来院前にご予約ください。
  • フライトの欠航や変更の際には、直ちにPCR検査予約日の変更の連絡をしてください。

来院から診断書発行について

  • 来院日は、①当院指定の受診票、学会指定の職場の依頼状とPCR検査の説明同意書の書類3枚、②期限が有効なパスポート(免許証などは不可)、③マスク、を持参してください。発熱している方は他の症状がなくてもPCR検査対象外ですのでキャンセルの連絡をお願いします。
  • 来院後は必要なメディカルチェック、予防接種を行ったあと先に会計をしていただきます。その後、建物外にてウォークスルー方式で検体採取を行ってそのまま帰宅となります。
  • 診断書の発行は当院窓口で行いますので、お渡しした引換券を持参ください(本人以外でも可)。ご希望に応じて、レターパックライトでの郵送にも対応いたします。
  • PCR陽性の場合には、新型コロナウイルス感染症の確定患者となりますので、居住地の保健所に連絡します。
  • 各国の規定については、依頼者様にて渡航先の大使館などに確認してください。

検査センターについて

PCR検査センター(メディック)では、月・水・木・土曜日の午後にPCR検査を行います。公的機関のPCR検査も請け負っているため、COVID-19の再流行によって検体数が増加すると、対応日が変更になる可能性があります。